工藤 セシリア
工藤 セシリア
工藤 セシリア

工藤 セシリア Cécilia KUDO | ピアニスト
 
フランスのリールに生まれる。本名は工藤セシリア祐意。セシリアはクリスチャンネーム。祐意は“ゆい”という響きに魅かれてご両親によって命名された。
 
父は、フルート奏者の工藤重典氏。
 
4歳よりピアノを始め、1999年パリ国立地方音楽院に入学。J.シン、J.M.コテ、B.リグット、J.ルヴィエ、B.ベルマン、A.コンタルスキー、S.ペルティカローリ、A.ナセトキン、鷲見加寿子、L.ベルリンスカヤの各氏の下で研鑽を積む。
 
幼少の頃よりフランス国内にてスタインウェイ・コンクールやフランス音楽国際コンクール、ダリウス・ミヨー・コンクール等多くのコンクールに参加、その多くは第1位を獲得している。8歳のときフランスと日本で初めてコンサートに出演。最近では東京や札幌、横浜、浜松などでソロや室内楽の公演を行っている。海外ではフランス国内が最も多くビル・ダブレー城でのリサイタルをはじめ、「サン=テミリオン音楽祭」への参加や、シンガポール、ロシア、韓国では父重典の伴奏ピアニストとしてツアーに参加している。
 
2009年にはラジオ・フランス主催の「若い演奏者たち」という番組でマティルド・キャルデリーニ(神戸国際フルートコンクール第1位)と共演。この模様はフランス全土で放送された。
 
2014年6月パリ・エコール・ノルマル音楽院を終了し、7月にソニー・ミュージックダイレクトより初のCD「オマージュ・ア・ドビュッシー」を発売し、同時に東京ヤマハホールでデビュー・リサイタルを成功させた。
 
2015年には、父であるフルート奏者工藤重典氏とのニューアルバム「ウィーンの薫り~フルート・ソナタ集」と「アンコール」を続けてリリースし、レコード芸術特撰に選ばれるなど話題となっている。
 
今後の活躍を期待されるピアニストの一人として注目されている。
 
工藤セシリアブログ http://ameblo.jp/yuicecilia-pf/
 
 

フランス生まれで、パリ在住。
2014年に日本でのデビュー・コンサートを開き東京ヤマハホールに超満員のお客様に来ていただきました。
ソロアルバム「オマージュ・ア・ドビュッシー」にはフランスの作曲家 ドビュッシーの名曲ばかりを収録しています。
フルーティストの父とのコンサートやCD制作も行なっています。室内楽やリサイタル活動に加えて、今年から、サロン・ランパルにて、私のプロデュースで、セシリアシリーズのコンサートを始めます。
どうぞご期待ください。
 
工藤セシリア


 


 
 
 

工藤セシリア

平尾祐紀子

西島梢

日野真奈美

工藤夏子

石井貴子

コハーン・イシュトヴァーン

斎藤雅広

小澤真智子

米良 美一

舩越園子

田村正浩

松永二三男