工藤夏子
工藤夏子
工藤夏子

工藤 夏子 NATSUKO KUDOU | ソプラノ
 
国立音楽大学を経て、東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。
洗足学園音楽大学大学院音楽研究科修了。
 
大学院在籍中、前田音楽奨励賞受賞。
第5回エルピス声楽コンクール 第1位、第12回大阪国際音楽コンクール 声楽部門 Age-G 歌曲コース 第2位(最高位)、第12回 日本アンサンブルコンクール リート・デュオ部門 優秀演奏者賞・全音楽譜出版社賞など受賞。
 
イタリアにてルイーザ・ジャンニーニ氏に師事、またヴィート・クレメンテ、ミケーレ・ヴィザッジ各氏のマスタークラスを受講、修了演奏会に出演するなど渡伊を重ね研鑽を積む。ビトント(イタリア)にてペルゴレージ作曲「スターバト・マーテル」ソプラノソロ、フォッジャ(イタリア)にて行われた“音楽の中の神話”第一夜「エネーア,プーリアの音楽とイタリアの神話の根源」ではディドーネ役に抜擢される。
 
オペラでは2013年2月に「ラ・ボエーム」(秋山和慶指揮)ミミ役で主役デビューを果たし、「ジャンニ・スキッキ」「魔笛」「ヘンゼルとグレーテル」「椿姫」など多数出演。2016年9月にはミニアルバム「Precious Memory」をリリースし、ソリストとしても多岐に亘り演奏活動を行っている。大分二期会、日本演奏連盟会員。
 
 

みなさま、はじめまして。
ソプラノの工藤夏子です。
歌は、人の身体が楽器です。そして唯一、言葉を伴うことができる。
…もしかしたら、作曲家の想い、演奏家の想い、そしてお客さまの想いを、より身近に、よりリアルに感じていただける音楽と言えるのかもしれません。偉大な作曲家もひとりの人、オペラの登場人物も、歌曲の詩人も、現代に生きる私たちと同じ、喜怒哀楽に溢れた人間。
声を通して、そのあらゆる人間ドラマをダイレクトにお伝えできたら!そしてみなさまと音楽をとにかく楽しんで共有できたら!私はなによりも嬉しいです。


 



 
 
 

工藤セシリア

平尾祐紀子

西島梢

日野真奈美

工藤夏子

石井貴子

コハーン・イシュトヴァーン

斎藤雅広

小澤真智子

米良 美一

舩越園子

田村正浩

松永二三男